はなもと歯科

一般歯科(歯周ポケット洗浄・噛み合わせ矯正・暫間固定)や訪問診療なら大阪市北区天神橋の歯医者 はなもと歯科

医院情報

大阪市北区天神橋4-5-2
エンゼルビル2F 201号
TEL:06-6355-4181

 

HOME»  アフターケア

アフターケア

ブラッシングをマスターしよう!

磨いていると磨けているは違います。

 

ブラッシングの目的は<歯垢>を取り除くこと
虫歯や歯槽膿漏、歯肉炎を引き起こす原因菌は歯垢(プラーク)にあります。
歯垢は細菌のかたまりです。この歯垢を毎日の正しいブラッシングによって取り除いておかないと、健康な歯を維持することはできません。
虫歯が原因で頭痛、肩こり、内臓疾患などをひきおこしたりすることもあります。
毎日を快適に過ごし、食べ物をおいしく食べるためにも、正しいブラッシングはとても大切です。

 

1本1本を丁寧に歯垢を取り除くことがブラッシングの目的です。鏡を持って目で確かめながら磨くと磨き残しが減ります。

 

  1. 力を入れすぎない。ゴシゴシではなくサラサラと。
  2. 磨く場所によってブラシの持ち方を工夫する。
  3. 磨きにくい場所から磨く。磨く順序を決める。

 

スクラッビング法(一般的)

 

バス法(歯周病改善)

 

歯肉と歯に対してブラシを直角にあて、
小刻みにふるわせる。1ヶ所20~30回。

 

歯肉と歯の境目にブラシを45度の角度であて、歯周ポケットの中にブラシの先を入れてやさしくふるわせる

 

スクラッビング法(一般的)

 

バス法(歯周病改善)

 

フォーンズ法(子供や上手く磨けない人)

 

外側/歯肉と歯に対して直角にあて、円を描くように上下の歯を一緒に磨く。
内側/あごの内側から歯の裏側にかけて、大きく往復を繰り返しながら全体を磨く。

 

フォーンズ法(子供や上手く磨けない人)

 

フッ素のはたらき

上手に取り入れて虫歯予防

 

フッ素 イメージ

 

お問い合わせ

歯の痛み・悩みでお困りの 方はご相談ください